交通ネットワークの再構築

最近「コンパクトシティ」、「サスティナブル社会」といった言葉をよく耳にするようにななりましたが、人口増加時代は都市は郊外に向かって拡大してきたのが、人口減少時代の都市は人口の減少に合わせてクール(賢く)に縮退させたコンパクトな町を形成し、サスティナブル(持続可能な)社会を如何に実現するかが都市の盛衰の決め手になります。
コンパクトシティになる過程において再都市化とまちなかの活性化が進展し、便利で快適な移動手段の整備と市民の連帯感がコミュニティの質を高め、その都市の持続性と競争力を高めてゆくものと考えられています。